ゲーム攻略ブログ -紅の部屋- 【ドールズフロントライン(ドルフロ)】

指揮官Lv80 レベリングとデイリー消化に追われる指揮官です

 

 

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】迷ったときにはこの作戦!おすすめの模擬作戦

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】迷ったときにはこの作戦!おすすめの模擬作戦

 

 

曜日ごとで持ち回りで配信されている「模擬作戦」は、挑戦する作戦によって獲得できるものが大きく異なります。

 

月曜日から土曜日までは、基本的に挑戦できる「模擬作戦」が限られますが日曜日に限り、すべての「模擬作戦」に挑戦できるため、自分が必要としているものを確認したのにち、「模擬作戦」へ挑戦することが望ましいです。

 

今回は「模擬作戦」の詳細と、目的別におすすめする「模擬作戦」を紹介していきます。

 

▼そもそも模擬作戦ってなに?

「模擬作戦」は「作戦任務」と異なり、挑戦する「模擬作戦」に関わらず、資源が消費しないという特徴があります。

 

また損傷しても「模擬作戦」終了後には全回復しているため、「模擬作戦」を失敗してしまったとしても目立ったデメリットは存在しません。

 

f:id:rotherbst:20181201143601j:plain

「模擬作戦」のもう1つの特徴として、APと呼ばれるポイントを消費し、挑戦することになります。

 

「防衛演習」を除き、消費するAPは「模擬作戦」の難易度によって変化し、一番低い難易度の1から最も高い難易度の3までと、消費するAPは異なります。

 

f:id:rotherbst:20181201143718j:plain

例外である「防衛演習」は、1回あたり5APを消費します。

 

AP2時間で1回復し、最大6まで貯めることができます。

 

時間経過による回復の他に、「超電導AP」と呼ばれるアイテムを入手することによってもAPが回復します。

 

超電導AP」の主な入手方法が課金によるものであるため、無課金や微課金でドルフロをプレイしている方は「超電導AP」の使用は計画的に行うことを強くおすすめします。

 

f:id:rotherbst:20181201143800j:plain

 

 

・「模擬作戦」中は資源を消費せず、損傷を負っても「模擬作戦」終了後には回復しているため、「模擬作戦」を失敗したことによるデメリットはほぼ存在しない。

・「模擬作戦」に挑戦するには2時間で1回復するAPを消費する

・消費するAPは難易度ごとに異なり(「防衛演習」は一律同じ)、時間経過以外のAP回復方法は「超電導AP」の獲得

・「超電導AP」は主に課金での入手になるので、無課金や微課金でドルフロをプレイしている方は計画的な使用を。

 

 

▼模擬作戦の詳細

次の「模擬作戦」の詳細を解説していきます。

1、強化練習(月、水、日曜日に開放) 

「強化練習」はクリアすると「増強カプセル」を入手できます。

 

「増強カプセル」は「人形強化」で使用でき、「増強カプセル」1個につき、各ステータスを1ずつ上昇させられます。

 

2、資料収集(火、金、日曜日に開放)

「資料収集」では「スキル訓練」(スキルレベル上げ)に必要になる、各種「訓練資料」を入手できます。

 

初級訓練では初級資料というように、訓練の難易度によって獲得できる「訓練資料」の内容が異なります。

 

「スキル訓練」では大量の「訓練資料」が必要になり、スキルレベル1からスキルレベル10までスキルレベル上げを行うのに必要な「訓練資料」は各500以上(中級資料に関しては、約1,000)になります。

 

「訓練資料」の主な入手方法は「資料収集」になるため、各種「訓練資料」の在庫状況を確認して、挑戦するようにしましょう。

 

3、経験訓練(水、土、日曜日に開放)

f:id:rotherbst:20181201143831j:plain

「経験訓練」では大量の経験値を獲得することができます。

 

前の項目で紹介したように、「模擬作戦」はほぼデメリットなしに挑戦することができますので、レベリング中のキャラクター(人形)がいるのであれば、積極的にこなしたい「模擬作戦」の一つです。

 

「経験訓練」は敵を全滅させると獲得経験値が2倍になるため、戦力不足で全滅させられないのであれば、難易度を1つ落として「経験訓練」を行ったほうが、効率的にレベリングができます。

 

4、防衛演習(常時開放)

f:id:rotherbst:20181201143848j:plain

「夜戦」2-4をクリアすると開放される「模擬作戦」で、「装備較正」に必要となる「較正チケット」の主な入手手段です。

 

「較正チケット」の貴重な入手手段ですが、「装備較正」が必要になるのは、キャラクター(人形)や装備が充実したあとになりますので、上級者向けの「模擬作戦」です。

 

レベリング、スキルレベル上げが終了したら、「防衛演習」に挑戦する程度で問題ないでしょう。

 

 

▼おすすめの模擬作戦

基本的に曜日ごとに挑戦できる「模擬作戦」が異なるため、開放されている「模擬作戦」に挑戦すれば問題ありませんですが、日曜日に限りすべての「模擬作戦」を行えます。

 

特にゲーム開始直後は、どの「模擬作戦」へ挑戦したらよいか頭を悩ませるものです。

 

そこで目的別におすすめの模擬作戦を紹介していきます。

 

1、どの「模擬作戦」を行ったらいいか、わからない方

どの「模擬作戦」を行ったらいいかわからない方は、「資料作成」をこなしておけば問題ないでしょう。

 

前の項目で紹介したように「スキル訓練」には、大量の「訓練資料」が必要になります。

 

キャラクターによってはスキルレベル10での運用が前提となるため、「訓練資料」はいくらあっても余ることはありません。

 

スキルレベル上げが完了している方や、「スキル訓練」が開放されていない指揮官レベル12未満の方は他の「模擬作戦」でも問題ありませんが、それらに該当しないのであれば、「資料収集」は最優先で行いたい「模擬作戦」です。

 

2、レベリングを集中的に行いたい方

f:id:rotherbst:20181201143913j:plain

レベリングを早急に行いたいのであれば、「経験訓練」がおすすめです。

 

先ほど紹介したように、敵を全滅させたときの獲得経験値が2倍になるため、クリアできる難易度の「経験訓練」に挑戦しましょう。

 

3、人形強化の素材が早急に必要な方

レベリングが進んでいるものの、「人形強化」に必要な素材が枯渇している方は、「強化練習」がおすすめです。

 

しかし「人形製造」やレベリングを行うときのステージ周回中で、「人形強化」に必要な素材はある程度確保できるため、どうしても素材が不足しているときにのみ「強化練習」に挑戦することをおすすめします。