ゲーム攻略ブログ -紅の部屋- 【ドールズフロントライン(ドルフロ)】

指揮官Lv90 メンタルアップグレードが待ち遠しい指揮官です

 

 

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】4-3eと貧乏ラン0-2 どちらが効率いいかを検証してみた

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】4-3eと貧乏ラン0-2 どちらが効率いいかを検証してみた

 最終更新日:2019.4.11

「ドルフロ」の代表的なレベリングステージである「4-3e」と「貧乏ラン0-2」、どちらが効率的かを検証してみました。

レベリングのステージ選びをする際に参考になさってください。

 

 

4-3eと貧乏ラン0-2 効率検証のやり方を紹介

まずは導入として「4-3e」、「貧乏ラン0-2」のどちらのステージが、効率がいいかを検証した時の部隊編成や周回数について解説していきます。

 

「貧乏ラン0-2」のやり方については、次の記事を参考になさってください。

 

1、検証部隊

「貧乏ラン0-2」を周回する必要があるため、2部隊用意しました。

 

またできるだけ同じ戦力で周回した場合の検証を行うため、「4-3e」と「貧乏ラン0-2」を周回したときの編成は同じものとします。

 

具体的な編成は次の通りです。

 

第一部隊

f:id:rotherbst:20190401093452j:plain

※レベリングを行うキャラクター(人形)に関しては、リーダーのみ減衰に届かないレベルとしました。

 

第二部隊(「貧乏ラン」0-2の控え部隊)

f:id:rotherbst:20190401093501j:plain

※「4-3e」の周回は第一部隊で行いました。

 

2、周回数

周回数は「3回」としました。

 

理由として、上記の編成で「貧乏ラン0-2」を周回した場合、最短で4戦目で「☆4 M16A1」が重傷になっててしまったためです。

 

修復に必要な資源も確認する必要があり、周回数は3周としました。

 

3、所要時間

周回にかかる所要時間は、ステージ開始から2周目を開始するまでです。

 

「貧乏ラン0-2」を周回するのに編成を入れ替える必要があり、それに要する時間も計測するためです。

 

なお周回にかかる時間に関しては、装備状況や通信速度などのプレイ環境に影響されるため、参考値としていただければ幸いです。

 

 

4-3eと貧乏ラン0-2の検証結果

 

4-3e」と「貧乏ラン0-2」を3周したときの消費資源量等は、次の通りです。

4-3e

f:id:rotherbst:20190401093214j:plain

・貧乏ラン0-2

f:id:rotherbst:20190401093231j:plain

 

 

▼検証結果から見えてくるものは?

さて上記の検証結果はどのようなことを物語っているのでしょうか。

 

消費資源や周回に必要な時間について、確認していきましょう。

 

1、消費資源

もし同程度の経験値を獲得する場合、修復に必要な資源を考慮したとしても、「貧乏ラン0-2」の方が圧倒的に消費資源が少なく済むということが確認できます。

 

ただし短い時間に数多く「貧乏ラン0-2」を周回するのであれば、「快速修復契約」の必要数が増えてしまうことに注意が必要です。

 

それでも「貧乏ラン0-2」では、部品以外の資源消費を大幅に節約することができるでしょう。

 

・部品以外の資源に関して、「貧乏ラン0-2」の方が節約して周回できる。

・短時間で数多く周回するときには、「貧乏ラン0-2」の方が「快速修復契約」を多く消費しがちである。

 

2、所要時間

1周当たりに必要な時間は、「貧乏ラン0-2」の方が「4-3e」と比較し約2倍となっています。

 

しかし「貧乏ラン0-2」周回にて獲得できる経験値は、「4-3e」と比較して約3倍となっているため、所要時間で評価しても「貧乏ラン0-2」の方が効率がよいでしょう。

 

1周当たりに要する時間は「4-3e」と比較して、「貧乏ラン0-2」は2倍である。

・一方で「4-3e」で獲得できる経験値と比較して、「貧乏ラン0-2」では3倍の経験値が獲得できるため、経験値効率と言う観点で評価すれば「貧乏ラン0-2」の方が効率がよい。 

 

3、操作手順

周回に必要となる時間からも推測できるように、「貧乏ラン0-2」の方が操作手順が多くなってしまいます。

 

レベリングを行うのに、まとまった時間を取れるときには「貧乏ラン0-2」の方が適しているでしょうが、時間が取れないのであれば「4-3」を周回したほうがストレスなくレベリングを行えるでしょう。

 

・周回に必要な手順は「貧乏ラン0-2」の方が多い。

 

 

▼結局4-3と貧乏ラン0-2 どちらの方が効率がいいの?

腰を据えてまとまったレベリングを行うのであれば、「貧乏ラン0-2」が適しているでしょう。

 

もちろん「貧乏ラン0-2」を周回するための前準備が必要になることは、胸に留めておかなければなりません。

 

周回のしやすさで評価すれば「4-3e」に軍配が上がるため、レベル75未満のキャラクター(人形)のレベリングや、短い時間しかドルフロをプレイできないときは「4-3e」の方が適しているでしょう。

 

・「貧乏ラン0-2」は腰を据えて集中してレベリングをするときに向いている。

・キャラクター(人形)や装備など「貧乏ラン0-2」を行うための前準備が必要であり、周回できるようになるハードルは高い。 

・ドルフロを短い時間しかプレイできないときや、レベル75未満のキャラクター(人形)をレベリングするのであれば「4-3e」でも事足りる。