ゲーム攻略ブログ -紅の部屋- 【ドールズフロントライン(ドルフロ)】

指揮官Lv55 レベリングとデイリー消化に追われる指揮官です

 

 

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】不足しがちな資源ってなに?

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】不足しがちな資源ってなに?

 

 

ドルフロをプレイする上で、資源の消費は避けては通れません。

 

消費する資源はプレイスタイルによる所が大きく、すべてのプレイヤーに共通して枯渇しがちな資源というものは存在しません。

 

そこでプレイスタイルごとの不足しがちな資源を紹介していきます。

 

▼すべてのプレイヤーが共通して不足しがちな資源はない

 「ドルフロ」ではステージ攻略や戦力強化を行う上で、資源を消費します。

 

f:id:rotherbst:20181226145914j:plain
 

ステージ攻略と「人形製造」では不足しがちな資源は異なり、また「人形製造」の中でも製造する銃種によっても不足しがちな資源が異なります。

 

さらに「人形製造」によって得られるキャラクター(人形)は確率によって変動するので、すべてのプレイヤーに共通して、枯渇しがちな資源というものは存在しません。

 

そこで今回は、プレイスタイルごとに枯渇しやすい資源を紹介していきます。

 

 

▼プレイスタイルごと、枯渇しがちな資源紹介

 それではプレイスタイルごとに枯渇しがちな資源を紹介していきます。

 

1、レベリング、ステージ攻略

 レベリング、ステージ攻略を集中して行っている場合には、「弾薬」と「配給」の消費が大きくなります。

 

特にマシンガン(MG)を編成してレベリングやステージ攻略を行っていると、「弾薬」、「配給」の消費が非常に多くなります。

 

f:id:rotherbst:20181226145942j:plain

 もし「弾薬」や「配給」が枯渇しがちであれば、レベリングやステージ攻略を中断し、資源の備蓄に努めるとよいでしょう。

 

また編成している銃種を見直すことでも、ある程度は「弾薬や「配給」の消費スピードを緩めることができます。

 

複数人のマシンガン(MG)を並行してレベリングしていると、「弾薬」の消費スピードが速くなりますので、「弾薬」、「配給」が枯渇しがちな場合には、並行してレベリングを行うマシンガン(MG)を減らすとよいでしょう。

 

・レベリング、ステージ攻略を集中して行うと、「弾薬」と「配給」が不足しがちになる。

・マシンガン(MG)を編成し、レベリング、ステージ攻略を行うと「弾薬」、「配給」消費スピードが速くなる。 

・「弾薬」の消費が激しい場合には、レベリングやステージ攻略時に編成しているマシンガン(MG)の人数を見直すとよい。

  

2、人形製造

 「人形製造」を集中的に行う場合、製造する銃種によって枯渇しがちな資源が異なります。

 

アサルトライフルAR)やライフル(RF)を集中的に製造していると、レベリングやステージ攻略中では減りにくかった「配給」の消費が多くなります。

 

f:id:rotherbst:20181226150012j:plain

 

一方でマシンガン(MG)を集中して製造すると「配給」以外の資源である「人力」、「弾薬」そして「部品」の消費が激しくなります。

 

f:id:rotherbst:20181226150024j:plain

「ドルフロ」をプレイしていて主な資源の消費先は「人形製造」であるため、資源の備蓄量が少なくなったら、最優先で「人形製造」を控えなければなりません。

 

「ドルフロ」では期間限定ではありますが、「人形製造」時に特定のキャラクターや銃種の排出率が高くなるキャンペーンが行われていますので、「人形製造」は当該キャンペーン中に集中して行うようにしましょう。

 

アサルトライフルAR)やライフル(RF)を集中して製造していると、「配給」が枯渇しがちになる。

・マシンガン(MG)を多く製造すると「人力」、「弾薬」そして「部品」の消費が大きくなる。 

・期間限定で特定のキャラクター(人形)や銃種の排出率が上昇するキャンペーンが行われるので、「人形製造」は当該キャンペーン中に集中して行うのが望ましい。

  

3、装備製造

 「装備製造」を集中して行うと消費しがちな資源は、「人形製造」と同じように製造する装備によって異なります。

 

一例を挙げると「夜戦」に必須となる「徹甲弾」の製造回数が多くなると「弾薬」の消費が多くなります。

 

f:id:rotherbst:20181226150037j:plain

徹甲弾」以外にもハンドガン(HG)、サブマシンガンSMG)の装備である「ホローポイント弾」の製造には、配給」以外の「人力」、「弾薬」そして「部品」が枯渇しがちになります。

 

特に「徹甲弾」はある程度の数が必要になるため、「徹甲弾」が必要数そろってない場合には「弾薬」の備蓄を行うようにしましょう。

 

・「徹甲弾」を集中的に製造すると、「弾薬」が不足しがちになる。

・ハンドガン(HG)、サブマシンガンSMG)の装備である「ホローポイント弾」の製造には「人力」、「弾薬」そして「部品」の消費が多くなる。 

・「徹甲弾」は数が必要になるので、「徹甲弾」の製造を行っている方は「弾薬」は多めに備蓄しておいた方が良い。

 

  

▼資源がなかなか溜まらない方へ

 資源がなかなか溜まらない方は、今まで紹介してきた消費先のうち、集中して行っているものがないか確認しましょう。

 

「人形製造」を多く行っていたり、レベリング時に複数人のマシンガン(MG)を編成していたりと、資源の消費が多くなっている要素が見えてくるでしょう。

 

消費する資源を節約する共に、資源の獲得量を増やすことも資源を溜めるときのポイントです。

 

ドルフロでは資源の獲得は、基本的に「後方支援」によるところが大きいので、自身のプレイスタイルにあった「後方支援」をできるだけ送るようにしましょう。

 

効率的な「後方支援」については、以下の記事をご参照ください。

 

redgames.hatenablog.jp