ゲーム攻略ブログ -紅の部屋- 【ドールズフロントライン(ドルフロ)】

指揮官Lv80 レベリングとデイリー消化に追われる指揮官です

 

 

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】おすすめの陣形 紹介

【ドールズフロントライン(ドルフロ)】おすすめの陣形 紹介

 

 

各キャラクター(人形)には「陣形効果」と呼ばれる能力があります。

「陣形効果」は特定の銃種に対し、火力や射速などを上昇させるバフを付与することができます。

 

「陣形効果」を有効に活用することが、ドルフロの基本戦術の1つとなっています。

 

今回は「陣形効果」、そして「陣形効果」を有効に活用するための「陣形」を、紹介していきます。

▼陣形効果の見方

キャラクター(人形)が有している「陣形効果」は、編成画面内にある「作戦能力」の右側アイコンをタップすると確認することができます。

 

f:id:rotherbst:20181026143934j:plain

 

また「陣形設定」にて、キャラクター(人形)をタップすると「陣形効果」の範囲が確認できます。

 

f:id:rotherbst:20181026143943j:plain

 

先ほど紹介したように、「陣形効果」の対象はキャラクター(人形)ごとに決められています。

対象外の銃種には「陣形効果」が発揮しません。

 

・「陣形効果」は編成画面にて、確認することができる

・「陣形効果」には効果対象となる銃種が決められており、対象外の銃種には「陣形効果」が適応にならない

 

 

 

▼陣形効果の対象傾向 

銃種ごとに「陣形効果」の対象に一定の傾向が存在します。

 

詳細は以下のようになっています。

①ハンドガン(HG):全銃種

 

サブマシンガンSMG):アサルトライフルAR

 

アサルトライフルAR):サブマシンガンSMG

※一部例外あり

 

④ライフル(RF):ハンドガン(HG

 

⑤マシンガン(MG):ショットガン(SG

 

⑥ショットガン(SG):マシンガン(MG

 

・一部例外はあるものの銃種ごとに、「陣形効果」の対象となる銃種が決められている

 

 

▼陣形について

「編成」の「陣形設定」をタップすると、戦闘時にキャラクター(人形)を配置できる「陣形設定」を行うことができます。

 

f:id:rotherbst:20181026144135j:plain

 

出撃する5人のキャラクター(人形)は、3×39マスに配置することができます。 

そしてキャラクター(人形)たちの配置方法を、呼称したものが「陣形」となります。

 

「陣形」は「陣形設定」の「設定」アイコンから、初期状態であれば3つ保存しておくことができます。

 

f:id:rotherbst:20181026144229j:plain

 

・「編成」の「陣形設定」から、キャラクター(人形)たちを配置することができる 

・初期状態であれば3つまで、「陣形」を保存しておくことができる

 

 

 

▼おすすめ陣形 紹介

続いて「おすすめ陣形」の紹介です。

 

これから紹介する「陣形」はおすすめではあるものの、キャラクター(人形)ごとに「陣形効果」の効果範囲が異なるため、編成するキャラクター(人形)によっては、「おすすめ陣形」では効果的な部隊運用ができないことがあります。

 

所持しているキャラクター(人形)によって、自分なりの「陣形」を見つけましょう。

 

F型陣形

 

f:id:rotherbst:20181026144530j:plain

 

ドールズフロントライン(ドルフロ)の基本となる「陣形」です。

アルファベットのFに見えることから、「F型陣形」と呼ばれるようになりました。

 

中列にはサブマシンガンSMG)やハンドガン(HG)、ショット(SG)などHPや回避、装甲が高いキャラクター(人形)を配置しましょう。

 

後列はアサルトライフルAF)やライフル(RF)、マシンガン(MG)などのダメージソースとなるキャラクター(人形)を配置するとよいです。

 

特に中列の真ん中に配置したキャラクター(人形)に攻撃が集まりやすいため、生存能力が高いキャラクター(人形)が適しています。

 

C型陣形

f:id:rotherbst:20181026144540j:plain

 

F型陣形と同じように、「陣形」の見た目から、「C型陣形」と呼ばれるようになりました。

 

F型陣形」と比較して、敵からの攻撃が中列に配したキャラクター(人形)の2人に分散される特徴があります。

 

配置する人形の銃種は基本的にF型陣形と同様のもので、中列にサブマシンガンSMG)やハンドガン(HG)、ショットガン(SG)を配置しましょう。

後列にはダメージソースとなる銃種を配置するとよいでしょう。